ブログ引っ越しました。続編はこちらからご覧いただけます。

2012年01月31日

見極め

車検整備で入庫の9B・940エステートです。

昨日同様、こちらも多走行車両で代換えも検討中
  DSC06332.JPG
でも調子がいいということでしょう、もう一度車検を取ってみるということになりました。


前回の車検で前後ブレーキパットを交換済み、その後中古タービン交換やラジエターホース・中古ラジエター交換など、最低限の整備で済ましている割には壊れない車です。

で今回の悩みどころはタイミングベルト

前回交換歴の記載もなく、状態で判断するしかなく・・・
    DSC06330.JPG  DSC06331.JPG
キレイな状態で古さも感じることなく、クラックなどは皆無です。


調べてみたら、バルブとピストンが干渉するエンジンではないようなのでこのまま納車することに決定!


でも3ヶ月ごとにチェックさせていただく条件付きです(笑 



壊れないなんて言っちゃった・・・・
posted by じんちゃん at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

そろそろ限界?

ブレーキ異音で入庫の1FM・エクスプローラーです。

以前にもフロント右のキャリパーをO/Hしましたが、今回は左側が引きずっているような感触

http://blog.jinguji.com/article/144175758.html

乗り換えのご相談もあるので、毎回最低限の整備に留めています。


そこで今回も左側のみO/H
  DSC06324.JPG

ピストンの状態も良く、点錆びや虫食いなどもありません
    DSC06325.JPG

そして今回もブレーキパットはTRWをチョイス
      DSC06326.JPG  DSC06327.JPG
リヤもセンサーに当たる寸前なので同時交換させていただきました。



そして現在の走行距離は269000km
        DSC06328.JPG
なかなかイケテルとか、褒めると壊れそうな予感がするので、あえてこのタイトルにしてみました。                    
posted by じんちゃん at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

入荷

MOTULの8100X-CESS 5W40が入荷しました。
  DSC06322.JPG
ロングライフをご希望の皆様、最新アプルーバブルを取得しておりますので御安心してお使いいただけます。



範囲の違う2つの可変抵抗も入荷
    DSC06323.JPG
これで分からなかったものが分かるようになり、特性不良まで見つけられるようになればいいなぁ
posted by じんちゃん at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

決め技

変速ショックで入庫の8N3・TTクーペですが、一昨日バルブボディーO/HとソレノイドバルブO/Hが完了し走行チェック


症状が重かっただけに、実走〜調整を何度も繰り返し本日作業が完了いたしました。
  DSC06321.JPG
ATFの油温でショックの有無が変化しますので、念入りに満足できるレベルまで徹底調整

輸入しているソレノイドバルブのスペシャルブッシュ、クリアランスにバラつき?があるのか一筋縄にはいきません。


何十台も施工しているのですが、調整を繰り返しているうちに気が付くこともあり、まだまだ勉強中


”リニアソレノイド”というところがミソで、制御電流値に応じた油圧コントロールをしていることを理解しなければなりません。


でも何度も調整できるのは、オイルパンパッキンがゴム製だから・・・



本日納車の6X・ルポのように液体パッキンのオイルパンでは、一度で全ての作業を終わらせなければ効率が悪すぎ
    DSC06320.JPG
一発勝負をして直ったことが確認できたときは、一人で小躍りしちゃいます。


目標はアイシン6A/Tのバルブボディーが一発で決められるようになること・・・

若しくは、スペシャルブッシュの品質向上(笑
posted by じんちゃん at 19:46| Comment(3) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

悔しい

フォグランプが点灯しなくなってしまったE90・320iの入庫です。
  DSC06193.JPG
球切れでもないのに、左側だけ点灯せず・・・・警告も表示されます。

フットウェルモジュールのDTCは・・・
    DSC06194.JPG
ショート異常を検出、何度リセットしても同じ故障コードを検出します。


ということでハーネスを点検してみますがショートしている訳ではありませんでした。


そこでスイッチ信号や、ショートの検出をデーターモニター
      DSC06195.JPG  DSC06203.JPG

        DSC06204.JPG  DSC06205.JPG
各種信号に異常は見当たりません。残念ながら制御側の問題、念のためコーディングに必要な情報も記録しておきます。


フットウェルモジュールを外して内部を点検
          DSC06206.JPG
ここでショートが見つかれば儲けものですが、そんなに簡単ではありません。


コーディング(プログラミング)が必要なことは分かっていますが・・・
            DSC06276.JPG
何もしなくても正常に作動することもあるので、最悪の場合はディーラーにてコーディングしてもらうようにご説明し交換


残念ながら両方ともフォグランプは点灯しなくなってしまいました。


そこでコーディング出来る方法をいろいろ試してみますが・・・
              DSC06279.JPG  DSC06280.JPG
どうやら手持ちのバージョンでは対応していないようです。  


ショートを検出することなく警告も表示されないので、コーディング出来れば完璧だったのに・・・
posted by じんちゃん at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

先ずはこれから

この度、MOTUL製品の取り扱いを開始することとなり
  DSC06318.JPG
本日契約書にサインしました。

ただ300Vなどを在庫する訳ではありませんので、ご要望の場合はご連絡いただければ発注しておきます。

常時在庫しておくのは8100X-CESS 5W40
     DSC06319.JPG
代表的な欧州車の最新アプルーバルを取得したガソリン/ディーゼル兼用オイルです。


従来どうりWAKO’S製品をメインに取り扱いますが、MOTULがいいというお客様にも対応できるようになりましたので、ご案内させていただきます。
posted by じんちゃん at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

部品供給と情報提供

冷機時、変速タイムラグで入庫の6X・ルポです。

過去にバルブボディーO/Hに加え、ATF粘度変更をして冷機時の変速不良を改善したことがあり、最後の砦はソレノイドバルブの交換で直すことができると確信したゴルフWがありました。

今回はその症状とは違うのですが、冷機時と変速時という2つの条件が重なっているため、ソレノイドバルブを探していたところ入手することに成功!

お客様に御了承いただき、バルブボディーO/Hに加え、予防整備としてソレノイドバルブを交換することとなりました。

またその入手先の担当者様は、偶然にもこのブログを”お気に入り”に入れてくれているとのこと・・・

このミッションの弱点まで教えていただき、とても参考になりました。


先ずオイルパンを外して金属粉の有無を確認
  DSC06286.JPG
ATFは交換済みなのですが、マグネットに金属粉は付着しておらず問題なし・・・T川様、有力な情報をいただき感謝いたします。m(_ _)m

そこでバルボディーを外してO/Hします。
    DSC06287.JPG     

走行25000kmですが、内部はこんな感じ
      DSC06299.JPG  DSC06300.JPG
それなりにスラッジが溜まっています。

全てのスプールバルブを取り外し、点検〜洗浄して組み付け
        DSC06308.JPG
そしてソレイドバルブを交換すると、5連のシフトソレノイド他は問題なかったのですが、ライン圧ソレノイドの形状が違います。

比べてみるとこんな感じ
          DSC06309.JPG
取付ピッチが広すぎます。

入手先に問い合わせてみると、このソレイノイドの供給しかないとのこと 


そこで抵抗値を測定し機能も点検してみると、どうやら使えそうな感じ
            DSC06310.JPG  DSC06311.JPG  
ステーを削りピッチを合わせ、取付高さの違いはワッシャーを重ねて調整
                                 
これでバルブボディーが完成しました。
              DSC06312.JPG

ミッションに組み付け、ATFを補充してレベル調整
                DSC06313.JPG
一旦冷ましてから試運転してみると、タイムラグもなく変速も滑らかになりました。


直った♪





また乗るたびにサービスインスペクションが気になります。
  DSC06314.JPG

リセットすれば、毎始動時チカチカ点滅もなくスッキリ
    DSC06316.JPG  DSC06317.JPG


神奈川県からお越しで、入庫時には”やまなしコロッケ”を食べてからお帰りになられたのがとても嬉しかったので、リセットは勿論サービスです(笑   
posted by じんちゃん at 20:09| Comment(10) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

重い症状

変速ショックとギア抜けで入庫の8N3・TTクーペです。

入庫時からとても大きい変速ショックとギア抜けで、エマージェンシーモードになっていました。
  DSC06288.JPG
シフトインジケーター全てのレンジが点灯しているのは、エマジェンシーモードになっているから

このときのDTCは・・・
    DSC06289.JPG
2速と3速の変速比不良

DTCをクリアすれば
      DSC06291.JPG
インジケーターもシフト位置を表示してくれます。

久しぶりにとても重い症状のアイシン6ATですが、直してみせます。



A/T内部洗浄の為ATF交換をしようとすると、同じアウディでもA3とは違いフィラープラグが見当たりません。

そこでトゥーラン用ジャンクA/Tと見比べ、上部にあるプラグを外しエアーを注入して確認してみると、ここから注入するようになっていました。

でも上から注入できる割には、フィラーの形状が悪くすぐに溢れてしまします。


そこでサイズがピッタリのエアーホースのカプラーを使い、クイックジョイントとします。
        DSC06306.JPG
これはまるでSST!1滴も溢さずATFが注入できます。



これで8N・TTクーペ(ロードスター)のATF交換は、見た目も良いし楽しめます。(笑
posted by じんちゃん at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

部品到着から5日

シフトロック不良のため、Pレンジから動かなくなってしまうW215・CL500

既に、アルミ製の社外部品が到着してから4日が経過したところで本日組み付け完了
  DSC06285.JPG
後回しにしてたので、久しぶりに地上に降り立ちました(笑


でもエンジン始動してみるとこんな表示が・・・
    DSC06284.JPG
2年以上サービスリセットしてないなんて・・・というわけでコチラはサービスでリセット。



ここ山梨の、今夜の予報は雪
      DSC06293.JPG      
今は降っておりませんが、積もらないことを祈るばかり・・・・


年末に苦しめられた腰痛が、また顔を出してきそうな気配でドキドキです(笑
posted by じんちゃん at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

心配事

本日納車の1K1・ゴルフXです。

昨日から、石川県より変速ショック修理の為、1泊2日でご入庫していましたが、試運転時よりエンジン不調が明確になっていました。

また道中エンジンチェックランプも点灯したとのこと・・・
  DSC06283.JPG
ECUのDTCは燃圧センサー信号異常

昨年ご入庫いただいた1K1・ゴルフXも同じような症状で、再始動できなくなりレッカー車で運ばれてきたお車のことを思い出しました。

http://blog.jinguji.com/article/217188466.html

フューエルデリバリポンプ不具合の恐れがある為、昨日のうちに部品商にも在庫確認してみましたがどこにも在庫はなし


お客様の判断は、仕方がないのでこのまま石川県までお帰りになるとのこと・・・


無事にお帰りになられることを、切に願っております。
posted by じんちゃん at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

2系統

エアバック警告灯点灯で入庫のW203・C200です。
  DSC06256 (1).JPG

エアバックモジュールのDTCは・・・
    DSC06257 (1).JPG
助手席エアバックR12/4点火回路異常

コネクターの接触不良で点灯することもあるので点検
      DSC06258 (1).JPG
集中コネクターを引っ張り出して

接触不良の疑いがないかと点検〜洗浄
        DSC06261 (1).JPG
ここではありませんでした。

そこでエアバックユニットのコネクターを疑い、こちらも点検〜洗浄
          DSC06262.JPG
結果は改善されませんでした。

こうなるとインフレーターの不良かエアバックモジュールの不具合が濃厚になってきます。    


どちらもとても高額なのですが、ユーザーは”あまり高額ならば直さなくてもよい”とのこと


そこで折角ある2系統のエアバックなので、警告灯を消すことも可能なのですが、1系統は機能しなくなることをお話しし、その了承を得られたので作業開始
            DSC06273 (1).JPG
DTCをクリアして警告灯が消えました。


これはあくまでもユーザー判断による選択なのでオススメすることはできません・・・


格安中古が見つかるまでの措置ということになります。
posted by じんちゃん at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

勝率0

先日ECUを交換した8P・A3ですが、当初は変速ショック修理で入庫する予定でした。


その矢先でECU不良になってしまった為、こちらを直してからでなければ作業することもできず・・・・


ということでバルブボディーのO/Hを実施
  DSC06263.JPG

するとハイマウントストップランプの交換にFTSさんがやってきました。
    DSC06274.JPG    
アウディ越しに、作業するFTSさんとW639をパチリ

なんでも年末から時々”ハイマウントヲテンケン”と表示されるようになり、段々その表示される回数が増え、最近ではブレーキを踏むたびに表示されるようになってしまったとのこと


自然治癒を望まれていましたが、最近での勝率が0となったのをきっかけに部品を注文
      DSC06275.JPG
もしかするとランプユニットじゃないかもよ〜と脅かしながら見守っていました(笑


結果は正解!無事に警告が消えましたとさ




そして本日、石川県から届いたコチラを使って、ルポのA/Tを覗いてみます。
        DSC06281.JPG  DSC06282.JPG                   
VAS-PCは表記なし、VCDSはマルチファンクションスイッチとスイッチの表記が出ていました。


i-SCANU・ダイアガンと試し、さらにVAS-PCでも表記が無かったのに、VCDSだけは違うことが分かっただけでも儲けもの


さらに255個のブロックNOを指定しながら、どこかにヒントがないのか試してみます。


と、本日も”皆様方に生かされている感”に溢れながらお届けしました。
posted by じんちゃん at 19:36| Comment(4) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

やっぱりココ

バッテリーが上がってしまうW203・C200の入庫です。

暗電流を測定してみると・・・
  DSC06250.JPG
およそ1.1A

プレヒューズで切り離しがら探っていくと・・・
    DSC06251.JPG         
75mAまで下がるところを発見

さらに細かく調べるため、室内ヒューズBOXを点検
      DSC06255.JPG      
原因は運転席シートモジュールでした。


シートモジュールを交換して完成ではなく
        DSC06269.JPG         
もう一度暗電流を測定

スリープモードに入れば13mAとなりました。
          DSC06270.JPG          
おやすみなさい・・・
posted by じんちゃん at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

情報収集難航

先日入庫した6X・ルポのA/T不調の為、資料集めをしておりますが、なかなか難航しております。


修理書は勿論、配線図も徹底的に調べましたが・・・
  DSC06264.JPG
肝心な内容は記述にありません。


また同時に部品供給も調べてみると・・・
    DSC06265.JPG
VWとしては珍しいJATCOのミッションで、ソレノイドバルブの単体供給あり!


以前の経験で、現車の症状の場合は関連ソレノイドバルブを交換しておきたいところ


でも1個がとても高額で、予防として全て交換するのは・・・


ソレイドバルブをデーターモニターして探ってみようとするも、データーストリームブロックナンバーに詳細が出ておらず、どのソレノイドバルブが関連しているのか分かりません。


参考になるかと違う型式ののブロック表と照らし合わせてみるも、全く違う制御
      DSC06266.JPG
A/T大国のアメリカには輸出されていない車種なので、社外マニュアルすらありません。


望みはスキャナーメーカーが所有している資料に賭けてみるべく資料送信依頼をFAXすることに
        DSC06267.JPG
でも、今まで1度も欲しい情報はいただけませんでしたが・・・


バルブボディーのO/HとATFの品質変更で直る気もするのですが、こればかりはやってみなければ分かりません。
      

明日、有力な情報が流れてくることを祈ってます(笑
posted by じんちゃん at 21:08| Comment(5) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

乗らない方が

シフトレバーの動きが渋く、Pレンジから抜けにくいというW215・CL500のお問い合わせがありました。

お答えしたのは「できれば、もうPレンジにシフトしないでください」ということだけ

ただPレンジにシフトしないと、キーを抜くことができませんし、このままだとバッテリーが上がってしまいます。

でもシフトロックが解除できない場合、出張での作業も大変ですし、レッカー代も掛かってしまいます。


ということで、翌日には早速入庫


Nレンジのままでお預かりしましたが、工場内に移動した時ついうっかりPレンジに入れてしまいました(笑

でも何とかPレンジから抜くことができ、シフトモジュールを取り外し
  DSC06245.JPG

そのシフトモジュールから故障原因の部品を外します。
    DSC06246.JPG

一見何ともないようなこの部品
      DSC06249.JPG
クラックが入っただけではなんとかシフトレバーを動かすことができますが


完全に折れてしまえば、Pレンジから動かすことができなくなってしまいます。
        DSC06248.JPG
W220ならまだ作業しやすいのですが、W215とR230はコンソール脱着とシフトモジュール脱着がとても困難になってしまいます。

またシフトモジュールASSY交換となってしまうのでとても高額な修理となってしまいますが、アルミ製の社外品でこの部品だけ手配することもできます。


シフトの動きが変だな?と思ったら、早めの対策を!           
posted by じんちゃん at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

予算に合わせて

車検整備で入庫の1T1・ゴルフトゥーランです。

ドライブシャフトはアウターブーツのみ社外品に交換
  DSC06228.JPG
車上で整備できるので、工賃もお安くできます。

またこのメーカーのブーツキットにはSSTまで付いてきました。
    DSC06227.JPG
コレがあれば交換作業は凄く簡単、大切に保管しておきます。(笑

また冷却水漏れの為、ラジエターも交換
      DSC06244.JPG
交換作業後の画像しかありませんが、交換は思ったよりも大変・・・


そして残りの予算を使い切る為?プラグも交換
        DSC06237.JPG
与えられたご予算のなか、ベストを尽くしたつもりです。(笑


またECUやエアバックのDTCは再出力されないまま


宿題は残りましたが、取敢えず安心してお使いいただけます。          
posted by じんちゃん at 20:01| Comment(3) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

続々届く

なぜか土曜日〜日曜日に届く多くの部品
  DSC06239.JPG
振込が面倒なので、代引き発送してもらっているのですが、まとめて届くとドキドキです(笑

でも箱がデカイ割に中身がこんな小さい部品や
    DSC06240.JPG

デカイ箱だな〜と思ったら
      DSC06242.JPG
本当にデカイラジエターだったり・・・



チョット前のことですが、届けに来る佐〇急便さんが一番驚いたのがコチラ
        DSC06241.JPG
ベンツのキセノンコントロールユニット


僅か15cm四方の箱で代引き金額は¥150000・・・



「一体、何が入ってるんですか?」ですって(笑   
posted by じんちゃん at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

欲しい

バッテリー交換後、エンジンが再始動しなくなってしまったという8P・A3の入庫です。

バッテリーターミナルを接続して1発目はエンジン始動出来るのですが、一旦止めてしまうと再始動できません。

そのときのDTCは・・・
  DSC05682.JPG  DSC05683.JPG

何度リセットしても
    DSC05684.JPG  DSC05685.JPG  DSC05686.JPG
このようなDTCが出力されます。


診断の結果は、残念ながらエンジンコントロールユニット不良


純正部品でも新品ではなく、リビルト品で対応しコアは返却とのことです。


さらにはディーラーにしか販売してもらえない”外販不可商品”とのこと・・・


本国に接続してのコーディングもあるので、ディーラーさんにお願いすることとなりました。
      DSC06238.JPG
積載車に積んだままでコーディング作業を実施中


コレが純正診断機のVAS5051 コーディングの他、スロットルやキャタライザー・水温上昇のデーターの初期化もしてもらえましたが、やはりとても高性能


あぁ〜欲しい・・・
posted by じんちゃん at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

経験あり

エンジンハンチングで入庫のKV4・サンバーバンです。

ダイアグノーシス点検をしようか?と思いましたが、エンジンカバーを開けながら・・・
  DSC06191.JPG
スロットルのインシュレーターにクラックが入っていた車のことを思い出し点検、ズバリ的中していました。

このインシュレーターは勿論交換
    DSC06196.JPG
これでハンチングはなくなります。

さらに一歩進んで、スーパーチャージャーのインシュレーターを同時交換してしまいます。
      DSC06197.JPG
同じように劣化していますので、すぐに過給漏れを起こしてしまう可能性があるからです。


2つのインシュレーターはサイズ違い、でも金額は同じ¥2870

ちょっと高すぎる気もしますが、どうなんでしょう?              
posted by じんちゃん at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝新聞掲載

やまなしコロッケが、本日の山梨日日新聞に掲載されました!


また昨日は、YBS山梨放送の番組「週末仕掛人ヤマナシプロデュース」の取材もあり、放送は21日(土)あさ9時30分から


県内在住の皆様、是非ご覧下さいm(__)m

また当ブログのリンク集からも「やまなしコロッケ」ブログをご覧いただけます。

山梨にお越しの際は、是非ご賞味下さい。
2012011307380000.jpg
posted by じんちゃん at 08:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。