ブログ引っ越しました。続編はこちらからご覧いただけます。

2012年03月21日

年度末ではありますが

このたび、ブログのディスク容量が限度となり、追加していただくことができなくなくなってしまいました。
  DSC06823.JPG
引っ越しの準備をしてきましたが無事に完成、新ブログに移行させていただきます。


この記事の上にあるリンクをクリックして、続編もご覧ください。






年度末ですので凝ったこともせず、同じデザインでサラッと引っ越ししてみました(笑
posted by じんちゃん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

フライス目

各部点検と予防整備で入庫のW215・カールソンCM60S

シフトロックもどんな状態か分からないので不安とのこと・・・
  DSC06783.JPG
予感は的中、一度折れたものを修理してありました。

でもこのままじゃ不安ですので、アルミ製のレバーに交換
    DSC06782.JPG
削りだしの必要もないと思いますが、何んとも立派なレバーです。

シフトモジュールに組み付けるとこんな状態
      DSC06784.JPG
シフトモジュールにも何種類かあるので、現物確認してから発注しています。


ソレノイドの力では、もう折れることはないでしょう。           
posted by じんちゃん at 19:42| Comment(1) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

健康診断

各部点検と予防整備で入庫のW215・カールソンCM60Sです。

先ずはDAS診断ならぬi-SCANU診断から、ショートテストを実施
  DSC06763.JPG  DSC06764.JPG
ショートテスト〜クリアしてない場合、これくらいのフォルトコードが残っているのは珍しくありません。

ME(エンジン)のDTCはアクセルペダルセンサー
    DSC06769.JPG
一度、スプリントブースターをご自分でお付けしたそうです。

EGS(オートマ)にはこんなDTCも
      DSC06770.JPG  DSC06771.JPG
ターミナル87の低電圧は問題のないのですが、EGSコントロールユニット故障?

AB(エアバック)はメーターインジケーターに警告が出ていませんがDTCあり
        DSC06772.JPG                      
B1476 エアバック警告灯の不具合、点検してみたら点灯していません。


そしてご心配されていたABC(アクティブボディーコントロール)は4個のDTC
  DSC06765.JPG  DSC06766.JPG

    DSC06767.JPG  DSC06768.JPG
前後左右のレベルセンサー、これも残っている確率が高いDTC
           
ICM(メーター)にも2つ
      DSC06773.JPG  DSC06774.JPG
SVMCM(スペシャルヴィークル モルファンクションコントロールモジュール)とのCANコミュニケーション障害と、オーディオとのCAN通信障害、オーディオは社外なので仕方ありません。


最も重要なのはEGSコントロールユニット不良、ここで一旦リセットしてもう一度ショートテストを実施します。
        DSC06775.JPG

再テストの結果がコチラ
          DSC06776.JPG  DSC06777.JPG
重要なDTCはすべて消え、現状では特別問題がないと言えそうです。

この後、実走行後して不具合箇所がないか確認し、もう一度ショートテストしてDTCが残らないか確認


結果、電気的診断では健康状態と言えそうです。                          
posted by じんちゃん at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

二度手間

集中して作業してますが、雨で湿度が高いためエアーブローした部品がすぐに湿ってしまう日曜日、ドライヤーを持ち出して、アツアツになるまで乾燥

お天気が良ければエアーブローだけで済みますが、時間が掛かるし二度手間です。
  DSC06799.JPG
という訳でリビルトバルブボディーの完成

しっかり養生して梱包しますが、日曜日の集荷に間に合いませんでした。
    DSC06800.JPG
明日には発送しますので、もうしばらくお待ちください。



そして一昨日入庫のW168・A160
      DSC06801.JPG
シフトモジュールの不具合ですが、本日手をつけることができませんでした・・・


また昨日入庫のE65・740i
        DSC06791.JPG
A/T機能不良でエマージェンシーモード

クラッチAの変速比異常も出ていますが、こちらは後回し(していいものかは試運転して確認します)

パーキングギアの位置が正確に読み取れないようですが・・・・





722.9のようにバルブボディ���(メカトロニクス)交換になってしまうのでしょうか?                
posted by じんちゃん at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

一歩前進

アイシン6A/Tバルブボディーの不具合、一時はリビルト品を供給できるところまで完成しておりました。

しかしソレノイドバルブのブッシュを輸入するたび、品質のバラつきによりO/H後の試運転〜調整が必要となってきたことをきっかけに、リビルト対応できなくなっておりました。


今回輸入した、別メーカー製ブッシュの品質が安定しており、調整しなくても不具合が解消するところまで追求できました。
  DSC06797.JPG  DSC06798.JPG
これも今までの調整データーと、今回ブッシュと同時に輸入した09Dの修理書があったからこそ


ツ〇サオートサービス様、リビルト品をお送りいたしますのでお試しください。
posted by じんちゃん at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

決まらない

バルブボディO/Hで入庫のゴルフV

毎日試運転〜調整を繰り返しておりますが、なかなか決まりません…

U田様、あと1週間納期を延長させてくださいm(__)m

またツ○サオートサービス様、明日にはお問い合わせの件、ご連絡いたします。
という訳で、試運転に出かけます…
2012031619480000.jpg
posted by じんちゃん at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

一長一短

エンジン不調で入庫のW210・E320(M112)です。

エンストしたこともあったとのことで早速試運転、なかなかモッサリした吹け上がりです。

ベンツにゃi-SCANUでしょ、ということでDTCを読みとってみると・・・
  DSC06716.JPG  DSC06717 (1).JPG
両バンクで空燃費補正の異常

じゃあ実測値は?といっても肝心のエアマスの吸入空気量はHFMボルテージは読めず、ラムダコントロール値しか見れません。
    DSC06718 (1).JPG

そこで今度はDS708を接続
      DSC06724.JPG  DSC06725.JPG
欲しい情報はすべて手に入る感じです。

でもエアマス20kgって多すぎ、補正値はだいたい-15%くらい

そのままモニターしていると突然16kgに下がり
        DSC06726.JPG

次の瞬間にはまた20kgに跳ね上がる始末
          DSC06727.JPG                              
これでエアマス不良は確定、部品を発注します。


エアマスセンサーを交換する時にはここにも気をつけます。
            DSC06757.JPG
エアークリーナーはキレイですが念のためエアーブロー、ケースにもゴミが溜まっているのでこちらも同様に

以前車検整備のお車を納車後、2日してエンスト〜再始動困難なんていう経験もありますが、エアマスセンサーの洗浄で無事に解決したこともありました。

エアマス交換後の実測値はこんな感じ
              DSC06760.JPG  DSC06759.JPG
12kg 1.39V、補正値もほぼ0% 

セルフアジャストメントのリセットも必要ありませんが、DS708ではリセットは不可能です。


エアマス交換後にもエンジン不調な場合は再びi-SCANUにチェンジ
                DSC06761.JPG  DSC06762.JPG
空燃比学習値のリセットや再標本化が可能、DS708と使い分ければとても便利


試運転してみると、こんなに調子良かったっけ?と錯覚します♪
posted by じんちゃん at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

高確率

車検整備で入庫のACM21W・イプサムです。

最近エンジンチェックランプが点灯する時があるそうですが、入庫直前に点灯したままになってしまったとのこと
  DSC06712.JPG  
 
この時点でO2センサーのヒーター断線が予想できますがダイアグチェック
    DSC06713.JPG
期待どうりの結果

じゃあ2つあるうちのどっちがセンサー1?とわざわざ調べなくても
      DSC06714.JPG  DSC06715.JPG
どうせ単体で抵抗値を計るし、デンソーは黒2本がヒーターと分かっているので測定

フロント側がセンサー1だと思ったら、リヤ側がセンサー1でした。

部品は発注しましたが、届く前に検査を受けると予備検では問題なかった排気ガスが、コースで計るとCO 1.75%残念ながら再検となってしまいました。


うっかりしてると出ますね〜恐るべしO2センサーヒーター断線 


今度から、派手に空ぶかししてからプローブを突っ込みます。


そして届いたO2センサーを交換 
        DSC06749.JPG
オススメはボッシュのOEM製品、安いし信頼性も高いです。


DTCをクリアしてライブデーターで確認すると、フューエルトリムは安定して燃費もよくなることでしょう。          
posted by じんちゃん at 20:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

3回目37000km

車検整備で入庫のR50・ミニ クーパーです。

先ずはショートテストを実施
  DSC06731.JPG  DSC06732.JPG      
エンジンとABSにフォルトコードが残っていますが、特別問題になるようなものではないので一旦クリア

走行も少なく特に問題はありませんが、リヤのブレーキパットが半分以下
    DSC06746.JPG  DSC06747.JPG    
JTCのピストンツールを使えば、楽〜にピストンが戻ります。


コレが無かった時は、腕がプルプルしながら戻してました(笑


でパットを交換完了
      DSC06753.JPG

エンジンオイルとフィルター交換のご用命もあったので交換
        DSC06722.JPG  DSC06723.JPG
サービスリセットして完成

モチュール8100を入れておきましたので女性オーナーが”オイル交換忘れてた”なんてときでも安心。


一方久しぶりの作業はコチラ
          DSC06750.JPG
ファンベルト切れでレスキュー依頼のF22・アトラス

積載車上で充電〜ベルト交換しましたが、こんなに狭かったっけ?

ディーラー勤務時代は、週に4〜5台はこなしてた作業がとても懐かしく感じました。 
posted by じんちゃん at 19:59| Comment(1) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

宿題でした

昨年末にアチコチ修理させていただいたE46・318iの入庫です。

ドアロックしても、運転席だけドアが開いてしまうという症状でしたが、ブロアファンやオイル漏れ修理を優先させて昨年中に納車させていただきました。

今回は宿題のドアロック修理に着手

当然非分解で、ドアロックアクチュエーターの供給となってしまいます。
  DSC06735.JPG
そこでカシメをベルトサンダーで削って分解

中から折れたプラスチックの欠片が見つかりました
    DSC06733.JPG

これを瞬間接着剤で固定し、2液性の接着剤で補強
      DSC06734.JPG
この後、さらにプラリペアで一回り大きくなるくらいに盛りつけ

元に戻して、カシメの換わりに溶接で点付け
        DSC06737.JPG
強度の問題はないところなので、これで十分です。

そこで機能点検してみると、一旦ロックしてドアが開かないことを確認、ロック解除してもドアが開かなくなってしまいました・・・

内側からは開くかな?と試してみますが、どうやっても無理


最悪ドア交換まで頭を過りましたが、数分後、何気にアウターハンドルを引っ張ると簡単にドアが開き??


ということでリターンスプリングのかけ忘れミスが発覚、再度ドアロックアクチュエーターを外して組み付け直し

久しぶりに冷や汗がでるほど焦りましたが、無事に修理完了



以前にご入庫頂いたときにもSRS警告灯が点灯していました。
  DSC06741.JPG          

今回ドアロックアクチュエーターを外す際、サイドエアバックを外したままIGオンにしてしまったのでエアバックのDTCを読み取り〜クリア
    DSC06740.JPG
これだけがクリアできないので、どうやら助手席着座センサーの不具合のようです。

ライブデーターで確認すると、頻繁に状況が変化してます。
      DSC06744.JPG  DSC06745.JPG
誰も座ってないのに・・・・
                                    
posted by じんちゃん at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

入荷

先日輸入の手配をしておいたアイシン用のソレノイドブッシュが入荷しました。
  DSC06719.JPG
送料は着払いで¥3842、8日に発送してもらって本日到着、早いし安いです。
   
専用のリーマーとインストーラーも使ってみたかったのでキットも手配
    DSC06720.JPG
どんな感触になるのか今から楽しみです。


どうせ輸入するなら・・・といつもまとめて発注するのが整備書、今回は09Dを買いました。


アイシン製A/Tは、FFでもFR(4WD)でも使っているのは同じ種類のソレノイドバルブ、これから需要が増えてくるかもしれないのを見越して、もっと詳しく勉強しておきます。












そう、あれから1年経ってしまったんですね。

午後2時46分、作業を中断して黙祷

犠牲者の方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
posted by じんちゃん at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

先ずは充電

エンジン不調で入庫の964・C2です。


バッテリーが上がってしまう症状も出ていますが、充電してから診断開始。


モトロニックのDTCは・・・
  DSC06697.JPG  DSC06698.JPG
WOTSと吸入空気温度センサー

吸入空気温度センサーは、日産のエアフロを流用している為だと思われますが、これが原因ではなさそうです。

問題はP000Dですが、あとでじっくり調べてみます。


ハンチングしたりもするそうですが、レーシング後のアイドリングがちょっと安定しなかったりはシングルマスフライホイールのせいでもあるでしょう。

そこでデーターモニターして現状を把握
    DSC06699.JPG  DSC06700.JPG  DSC06701.JPG

      DSC06702.JPG  DSC06703.JPG
特別問題になるようなものはありません。


ということで実走チェックしてみると、ガス欠のような症状で息継ぎを起こしています。


燃圧計をセットして走行したいのですが、機械式のゲージじゃリヤエンジンでホースも余程長くしないと確認することができないのが難点


安いし、こんなの買ってみるか・・・

http://takato.shop-pro.jp/?pid=22216497        
posted by じんちゃん at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

趣味?

お買い物してストレス解消
  
頼んでおいたHASCOのトリプルスクエアビットセット
  DSC06711.JPG
使いどころの8・10・12mmのショートとロングビットのセットで、1/2ソケットアダプターでも使用できるし、10mmのヘックスになっているので、メガネでも廻せる優れものでしかも安い♪

こちらはブルーポイントのダブルジョイントノーズプライヤー
    DSC06710.JPG    
奥まったところのホースクランプなんかを外すときに威力を発揮してくれそうです。


これは楽しそうだから購入、HAZETの折りたたみキャリーカート
      DSC06685.JPG  DSC06686.JPG
バッテリー持って出張作業とか、こんなんでコロコロ運んでたらみんな欲しがるんじゃないかな?


と思ったら数量限定商品でもう在庫がないらしいです。


ショウちゃん、楽天で売ってたよ・・・送料別だったけど
posted by じんちゃん at 19:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

TE1とE1

ガソリンを入れて始動しようとするとエンジンが掛からなくなってしまったTCR10G・エミーナです。

セルフスタンドなので最初は異種燃料補充かと思いましたが、どうやらガソリンを給油したとのこと・・・

VeDiSを下取りに出してしまったので、クリップを繋いで自己診断
  DSC06693.JPG  DSC06692.JPG
短絡して点滅回数を読み取っているので自己診断、ダイアグノーシスって程のものじゃなく結果は予想どうり正常コード

圧縮はありそうなので燃圧は?
    DSC06690.JPG
ピューっと噴き出すのでOK?

今度は良い火花点検
      DSC06694.JPG
クランキングしても全く光りません。

電源は確保できているのでIGコイル単体点検
        DSC06696.JPG
2次側コイルの抵抗値が基準値より低すぎます。

という訳でIGコイルを交換
          DSC06705.JPG  DSC06706.JPG
無事にエンジンが掛かりました。


C.Kくん、今度は♡って打ってみよう♪    
posted by じんちゃん at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

残念

走行中、突然エアバック警告灯が点灯した964の診断依頼を受けました。

i-SCANUを使って診断してみると・・・
  DSC06689.JPG  
ダイアグコードなし

こんなときでもクリアすれば消灯することもあるのでトライ

一旦消えるのですが、すぐに再点灯

もう一度試みますが、結果は同じ






このような場合、エアバックコントロールユニット不良が考えられます。

やっぱりi-SCANUには、まだまだ頑張ってもらいます。
posted by じんちゃん at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

目で見える

キーレスエントリーの不具合は、トランスミッタかレシーバのどちらか見抜くのって大変じゃありません?

このタイプのベンツのキーは簡単
  DSC06681.JPG
   
赤外線なので、ケータイやデジカメのレンズで覗けば
    DSC06680.JPG
目で見て確認することができます。

じゃあ、このタイプのVWのキーは電波式
      DSC06682.JPG
ラジオのアンテナに近付けて、雑音で判断するなんて方法が一般的でしょうか?

でも結局はバッテリーを交換して、使えるか判断しなければなりません。


そこでキーレスウェーブサーチの登場
        DSC06688.JPG

これなら電磁波センサーの上にキーをかざし
          DSC06683.JPG

スイッチ操作すれば針が振れて、電磁波の強さを目で見て確認
            DSC06684.JPG
これでトランスミッタが正常と分かれば、レシーバから診断を進めることができます。

こんなの知ってました?               
posted by じんちゃん at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

初回車検

車検整備で入庫のFIAT・500です。

走行距離は14000km、消耗品なども全く問題ないレベルです。
  

でもチョッピリ排気漏れしているマフラーを、保証で交換してもらうのだと思ったら・・・
  DSC06665.JPG
どうせじゃね〜と、レムスのマフラーに交換することとなりました(笑


1.2Lの割になかなかイイ音してます♪


そして3年の間に何があったのかスキャン
    DSC06668.JPG
マレリがなにか掴んでいるようです。

エンジンのDTCは・・・
      DSC06670.JPG
見たことないDTC”アクセルとブレーキの間で起こる断続的なもっともらしい矛盾”?翻訳してみましたがよくわかりません。


アクセル踏みながらブレーキ踏んだみたいなことでしょうか?


でも重要な内容ではなさそうなので安心、クリアします。
        DSC06672.JPG


またDS708の可能性を調べるのに好都合、エンジンでは・・・
          DSC06671.JPG
各種リセットやキャリブレーション

5A/T、といってもセレスピードでは・・・
            DSC06673.JPG
このようなアクティブテストができるようです。                                       

因みに、2年前からバージョンアップしてないi-SCANUでは、通信すらできませんでした・・・
posted by じんちゃん at 20:12| Comment(4) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

試せない

今日もやっぱりアイシン6A/TのバルブボディーO/H、日曜日の定番のようです。

ATFは交換済みとのこと、ディーラーでもATF交換してくれるところがあるんですね。
  DSC06657.JPG
一度交換しただけで抜き取るATFはキレイな赤色、状態はすこぶるイイようです。

という訳でどんどんバラシて各部点検〜洗浄
    DSC06658.JPG
走行7万Km位が鬼門、早いものでは5万Km前で発症するものも・・・

最近、アイシン純正採用されているソレノイドバルブのブッシュを入手
      DSC06660.JPG
手前のシルバーのものがそのブッシュ、奥のものは熱害実験をクリアしたスペシャルブッシュ

不具合が起きているのはシルバーの物と同形状のゴールド色のブッシュ、耐久性と熱害の問題があるようです。


でも対策品として色が変わったのかは分かりませんので、お客様のお車ではテストできません。


手が空いたら事務員さんのトゥーランでテストしてみます。





でも何時になるかは未定
posted by じんちゃん at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

上から下から覗いても

どうしてもA/T単体で取り外すことが不可能に思えてきた4B6・RS6

そこでelwinでA/T Removingのマニュアルを検索
  DSC06647.JPG
そこには”エンジンと一緒に外してね”みたいなことが書いてありました。

インストールしてあるelsawinにはRS6が入っていないのか、見つけられないのでリフトで上げ下げしながらA/T単体脱着を試みましたが諦めます。

こんな風にしろと支持されるので
    DSC06649 (1).JPG

そのとうりの姿にし
      DSC06648 (1).JPG

ロアアームのジョントを外し、メンバーに50mmのバンコを挟んで抜き取れとありますが
        DSC06650 (1).JPG                

そこまで守らずに抜き取り完了
          DSC06651.JPG  DSC06652.JPG
無事にエンジン・ミッションを下すことができました。


このタービンの位置が曲者で、右のタービンを外さなければ、ベルハウジングのボルトにアスセス出来ません。
            DSC06653.JPG            
  

という訳でエンジンとミッションを分割
              DSC06656.JPG
他の仕事も溜まっているので、O/H作業は外注します。

                                       
そうそう、elwinでマニュアルをダウンロードする場合は1時間契約でよいと思います。

PDFをダウンロードする形式なので、PCの電源を落とさなければ何日でも閲覧可能!

使えます♪                  
        
posted by じんちゃん at 19:48| Comment(1) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

ドキドキはまたの機会に

リヤドアロック不調とウインドウォッシャーが廻り続けるハマーH2の入庫です。

アメ車屋さんで調べてたそうですが、BCM(ボディーコントロールモジュール)がダメかもしれないとのこと・・・

プリン業者さんにVINをお知らせし調べていただくと、やはりモジュール交換後はプログラミングが必要だということが分かりました。

でも、そのBCMが本当に不具合を起こしているのか?が疑問なので、最初から診断させていただきます。
  DSC06501.JPG  DSC06502.JPG

    DSC06503.JPG  DSC06504.JPG
BCMのDTCはこんな感じ、ヒントになるようなものはありません。

ドアロック/アンロックスイッチがあるドライバードアモジュールは
      DSC06506.JPG  DSC06507.JPG
  
        DSC06508.JPG
コチラにもヒントは隠れていませんでした。

そこでGMのテクニカルインフォメーションで配線図をダウンロード

リヤドアロックは、インパネヒューズBOXにBCMからアースコントロールが入力され、PCBリレーで制御していることが分かりました。
          DSC06525.JPG
そこでリレーボックスを単体点検、PCBリレーが怪しいことが判明

リレーを介さず強制駆動させてみると
            DSC06528.JPG
リヤのドアロックアクチュエーターが作動しました。

ヒューズボックスを外してバラして点検してみると
              DSC06531.JPG  DSC06535.JPG             
このリレーの不具合だと判明、同じ機能を持つリレーを含め入手できないものかと散々探してみましたが、日本国内に在庫なし

仕方なくアメ車屋さんにヒューズボックスを手配してもらうと、こちらも在庫なしとのことでした。

そこで今度はウォッシャーモーターが止まらない不具合に着手
                                    
配線図で調べてみると、一つのモーターの回転方向を切り替え、フロント/リヤ両方に送水できる構造でした。

モーターの回転方向からリヤ側に廻り続けていることが判明

BCM〜リヤワイパー/ウォッシャースイッチ〜リヤワイパーモーター〜リヤウォッシャーPCBリレー〜ウォッシャーモーターという流れ

スイッチ信号は点検済み、後はリヤワイパーモーターからPCBリレーハーネスを遮断すれば、リレーの不具合と確定します。
  DSC06547.JPG                 
PCBリレーはエンジンルームヒューズボックスの中
  
ヒューズボックスを外し、リヤワイパーモーターのハーネスを抜き
    DSC06546.JPG
ヒューズボックスを取り付けてみても、ウォッシャーモーターが廻り続けていました。

しかし何故リレーが2個も同時にショートしたのか分かりません。

もう一度アメ車屋さんに聞いてみると「車両オーナーのところの従業員がバッテリー上がりでブースターケーブルを・・・・」これで納得、コチラも同時にアメリカから個人輸入することとなりました。

でもBCMの不具合の恐れは払拭できません。

両方入荷したので交換してみると・・・
      DSC06611.JPG  DSC06609.JPG
正常に作動することを確認、BCMまで被害はありませんでした。

BCM交換〜プログラミングという、最もドキドキするシチュエーションからは免れましたが、何時かはそんな日が訪れるでしょう。

パススルーの構築は必須となる日は、もうそこまで来ています。

プリン業者さま、お騒がせいたしましたm(_ _)m        
posted by じんちゃん at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。