ブログ引っ越しました。続編はこちらからご覧いただけます。

2012年03月12日

宿題でした

昨年末にアチコチ修理させていただいたE46・318iの入庫です。

ドアロックしても、運転席だけドアが開いてしまうという症状でしたが、ブロアファンやオイル漏れ修理を優先させて昨年中に納車させていただきました。

今回は宿題のドアロック修理に着手

当然非分解で、ドアロックアクチュエーターの供給となってしまいます。
  DSC06735.JPG
そこでカシメをベルトサンダーで削って分解

中から折れたプラスチックの欠片が見つかりました
    DSC06733.JPG

これを瞬間接着剤で固定し、2液性の接着剤で補強
      DSC06734.JPG
この後、さらにプラリペアで一回り大きくなるくらいに盛りつけ

元に戻して、カシメの換わりに溶接で点付け
        DSC06737.JPG
強度の問題はないところなので、これで十分です。

そこで機能点検してみると、一旦ロックしてドアが開かないことを確認、ロック解除してもドアが開かなくなってしまいました・・・

内側からは開くかな?と試してみますが、どうやっても無理


最悪ドア交換まで頭を過りましたが、数分後、何気にアウターハンドルを引っ張ると簡単にドアが開き??


ということでリターンスプリングのかけ忘れミスが発覚、再度ドアロックアクチュエーターを外して組み付け直し

久しぶりに冷や汗がでるほど焦りましたが、無事に修理完了



以前にご入庫頂いたときにもSRS警告灯が点灯していました。
  DSC06741.JPG          

今回ドアロックアクチュエーターを外す際、サイドエアバックを外したままIGオンにしてしまったのでエアバックのDTCを読み取り〜クリア
    DSC06740.JPG
これだけがクリアできないので、どうやら助手席着座センサーの不具合のようです。

ライブデーターで確認すると、頻繁に状況が変化してます。
      DSC06744.JPG  DSC06745.JPG
誰も座ってないのに・・・・
                                    
posted by じんちゃん at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。