ブログ引っ越しました。続編はこちらからご覧いただけます。

2012年03月14日

高確率

車検整備で入庫のACM21W・イプサムです。

最近エンジンチェックランプが点灯する時があるそうですが、入庫直前に点灯したままになってしまったとのこと
  DSC06712.JPG  
 
この時点でO2センサーのヒーター断線が予想できますがダイアグチェック
    DSC06713.JPG
期待どうりの結果

じゃあ2つあるうちのどっちがセンサー1?とわざわざ調べなくても
      DSC06714.JPG  DSC06715.JPG
どうせ単体で抵抗値を計るし、デンソーは黒2本がヒーターと分かっているので測定

フロント側がセンサー1だと思ったら、リヤ側がセンサー1でした。

部品は発注しましたが、届く前に検査を受けると予備検では問題なかった排気ガスが、コースで計るとCO 1.75%残念ながら再検となってしまいました。


うっかりしてると出ますね〜恐るべしO2センサーヒーター断線 


今度から、派手に空ぶかししてからプローブを突っ込みます。


そして届いたO2センサーを交換 
        DSC06749.JPG
オススメはボッシュのOEM製品、安いし信頼性も高いです。


DTCをクリアしてライブデーターで確認すると、フューエルトリムは安定して燃費もよくなることでしょう。          
posted by じんちゃん at 20:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。