ブログ引っ越しました。続編はこちらからご覧いただけます。

2011年07月28日

A/T不調でエンスト?

変速ショック修理のご依頼なのですが、都内から山梨に向かう途中何度もエンストしてしまい、自動車保険のレッカーサービスを利用して1K1・ゴルフXが入庫しました。

先ずは変速ショック修理から、変速不良のDTCが入力されています。  
  11.07.27 009.jpg  11.07.27 011.jpg  11.07.27 014.jpg
コレはバルブボディーとソレノイドバルブのO/Hで完治



お次はエンスト、DTCは・・・
    11.07.27 007.jpg  11.07.27 008.jpg
デリバリー用のポンプと、さらに燃料を高圧にするポンプの2種類が採用されています。

その両方に燃圧センサーが使われているのですが、両方とも燃圧異常が入力されていました。

またサーモスタットセンサーのDTCも入力され
      11.07.27.jpg
不具合が重複している可能性もあります。(なぜi-SCAN2とダイアガンを使っているのかといえば、どちらかのスキャナーでは、データモニターできるだろうと思ったから・・・・しかし両方とも燃圧センサーやサーモスタットセンサ−はデーターモニターできませんでした)

そこで燃圧計をセットして、サーモスタットセンサー電圧と低燃圧センサー電圧を測定しながら試運転を実施
        11.07.21 003.jpg
運転しながら全て確認できるよう、ボンネットとフロントガラスに固定しました。


暫く走行すると、サーモスタットセンサー電圧に異変が・・・断線したので交換が必要です。
          11.07.21 002.jpg   
でもエンストとはあまり関係ないような・・・・しかし田舎道は長閑ですね〜(笑 


また工場に戻る直前でエンスト・・・再始動できたのですぐに工場に戻り、エンジンを掛けたまま放置しておきました。


すると約5分後にエンスト確認、今度は再始動困難ですが2回目のクランキングで再始動成功、燃圧計を見ていたので低圧側のデリバリーポンプの不具合が分かりました。


サーモスタットセンサーは単体で供給されませんのでサーモススタットハウジングごと交換
            11.07.05 007.jpg  11.07.05 009.jpg
やはりインテークマニホールドの脱着が必要です。

デリバリーユニットはリヤシートの下
              11.07.21 017.jpg  11.07.21 018.jpg
センダーユニット付きのデリバリーユニットとしては¥36000のそんなに高額ではありません。


両方を交換後、DTCをクリアして試運転を実施。


再発がないことを確認して納車となりました。


今回は3つの不具合が同時に発生したという珍しい症状、またA/Tの不具合とエンストは全く別問題です。








でも全部、直った♪ 
posted by じんちゃん at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初は二刀流かと思いました!重複した不具合を切り離し的確な診断!

メチャクチャカッコイイです!憧れます!!

フロントガラスに貼り付けたテスターや燃圧計・・・

渋滞の中ではなるべくしたくないです!

っと言うより此方では渋滞は皆無ですのでなりふり構わず・・・(自爆)
Posted by hiro at 2011年07月28日 20:26
hiroさん
この状態で走っていると目立ちます!

この準備をしているときも、なにやってんの?!と聞かれ説明するのが・・・・

此処も相当田舎なので、渋滞どころか制限速度以下で走ってる車の方が珍しい位です(笑
Posted by じんちゃん at 2011年07月29日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217188466

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。