ブログ引っ越しました。続編はこちらからご覧いただけます。

2012年01月24日

重い症状

変速ショックとギア抜けで入庫の8N3・TTクーペです。

入庫時からとても大きい変速ショックとギア抜けで、エマージェンシーモードになっていました。
  DSC06288.JPG
シフトインジケーター全てのレンジが点灯しているのは、エマジェンシーモードになっているから

このときのDTCは・・・
    DSC06289.JPG
2速と3速の変速比不良

DTCをクリアすれば
      DSC06291.JPG
インジケーターもシフト位置を表示してくれます。

久しぶりにとても重い症状のアイシン6ATですが、直してみせます。



A/T内部洗浄の為ATF交換をしようとすると、同じアウディでもA3とは違いフィラープラグが見当たりません。

そこでトゥーラン用ジャンクA/Tと見比べ、上部にあるプラグを外しエアーを注入して確認してみると、ここから注入するようになっていました。

でも上から注入できる割には、フィラーの形状が悪くすぐに溢れてしまします。


そこでサイズがピッタリのエアーホースのカプラーを使い、クイックジョイントとします。
        DSC06306.JPG
これはまるでSST!1滴も溢さずATFが注入できます。



これで8N・TTクーペ(ロードスター)のATF交換は、見た目も良いし楽しめます。(笑
posted by じんちゃん at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。