ブログ引っ越しました。続編はこちらからご覧いただけます。

2012年02月04日

楽しい予感と期待感

右側のターンシグナルランプが点灯しなくなってしまったL150S・ムーヴです。

どこが点かないか聞いてみると”右側が全部点かない”とのこと・・・

ターンスイッチは勿論、ハザードスイッチでも右側が点滅しません。

これは面白い故障診断ができると思い回路図を入手
  DSC06399.JPG
すると調べるまでもなくフラッシャーリレーの不具合に確定でガッカリ

じゃあ直してみようということでリレーを分解
    DSC06370.JPG
接点不良のため洗浄をしてみましたがNG

部品代¥4150なので、諦めて交換させていただきます。
      DSC06395.JPG  DSC06398.JPG
予感は外れて、楽しくはない故障診断でした・・・・ねっショウちゃん?



一方こちらはエンジンが掛からないというJZX110W・マークUブリットです。
        DSC06389.JPG

クランキングしてみると、なんだか圧縮が少ないような・・・


でもクランキング中、スロットル全開にしていれば初爆は感じます。


そのまま長めのクランキングでエンジン始動成功、ショートトリップが原因のよくある始動困難でした。

そこでプラグを点検してみますが・・・・
          DSC06394.JPG
割と新しめのイリジウムプラグ、なかなか高価な部品ですので交換は避けます。

そんなときは、何かいい対策方法を知っていると思われるペットな友人に、期待しながらヘルプの電話を・・・

強化バルブスプリングの話や、カーボンクリーンのことを教えていただきましたが、結局はショートトリップは避けるべきという回答で落ち着きました。

色々対策してみた人の言葉は重みがあります・・・・ねっモモジ?
posted by じんちゃん at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。