ブログ引っ越しました。続編はこちらからご覧いただけます。

2012年02月09日

再現法

エンジンが吹け上がらないMC22S・ワゴンRの入庫です。

アイドリングはするのですが、急激なスロットル操作ではエンジンストールし、ゆっくり操作しても1500rpmほどまでしか回転が上がりません。

ECUにDTCはなし、じゃあ燃圧は・・・・
  DSC06405.JPG
と燃圧計を取り付け測定してみると、不具合は解消!吹け上がりようになってしまいました。


その後、何度もエンジン始動してみますが不具合現象は再発せず・・・・


仕方ないので燃圧を下げながら再発するか試してみます。



正常値は3kgですが、1.5kgまで下げてレーシング
    DSC06410.JPG
この状態では吹け上がります。

そこで1kgまで下げてみると・・・
      DSC06411.JPG
不具合現象再発、アイドリングできても吹け上がらなくなりました。

という訳で燃料タンクを外してデリバリユニットを外し
        DSC06420.JPG

フューエルポンプのみ交換することができます。
          DSC06428.JPG

燃料タンクを取り付け完成!


多分直った♪         
        
          




  
posted by じんちゃん at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。