ブログ引っ越しました。続編はこちらからご覧いただけます。

2012年02月21日

軽傷

変速ショックで入庫の3B・パサートバリアントです。

Rレンジにシフトすると、大きな変速ショック発生するそうです。

お電話でのお問い合わせでしたが、バルブボディーの不具合の可能性あることをお話し、ご入庫頂きました。

入庫時にA/TコントロールユニットのDTCをチェック
  DSC06474.JPG
トランスミッションレンジセンサーの信号異常

という訳で、バルブボディーの不具合の可能性はなくなりました。


入庫時には確認できませんでしたが、数時間後に車両を移動しようとすると・・・
    DSC06476.JPG
シフトポジションが表示されません。

その後すぐに真っ赤になってしまい、エマージェンシーモードに突入
      DSC06477.JPG
するとシフトした時の変速ショックが大きくなっていました。

そこでライブデーターで実測値を点検
        DSC06481.JPG
何度かシフトレバーを動かしているうちに、セレクターレバーポジションが--になってしまいました。

以前にも996のセレクタースイッチ修理の経験があり

http://blog.jinguji.com/article/46460277.html

今回も修理することも考えました。



でも都内からお越しのお客様に、再発というご迷惑をお掛けするわけにもいかないので、交換することをオススメし承諾をいただき交換。
          DSC06516.JPG  DSC06564.JPG  
左側のミッションマウントとブラケットを外せば、マルチファンクションスイッチが交換できます。定価¥33300


交換後に故障コードをクリアして完成
            DSC06495.JPG

今回の作業に役立ったのはこの2つの工具
              DSC06538.JPG

フロントパイプが邪魔をして、この角度で奥のHEXを外さなければなりません
                DSC06537.JPG

持ってて良かった♪                                                        
posted by じんちゃん at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253425702

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。