ブログ引っ越しました。続編はこちらからご覧いただけます。

2011年10月24日

お待たせいたしました。

先週のVW用ソレノイドバルブに続き、本日アイシン6A/T用ソレノイドブッシュキットが入荷しました。


先ずは車両をお預かりしているゴルフXから作業開始
  11.10.24.jpg
既にバルブボディーはO/H済みだったので、ソレノイドバルブをO/Hして完成!


試運転して全く問題がないので、納車させていただきます。



先週、ソレノイドバルブを交換したニュービートルも、トータル70km程修理運転してみましたが再発せず・・・ということで納車させていただきます。


そして本日、DSGの不具合でゴルフYが御入庫


今週中には御予約いただいてるアウディーA3もバルブボディーO/Hで入庫予定







まだまだA/T三昧の日々が続きます(笑
posted by じんちゃん at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

がっかり・・・

車検整備で入庫の1K1・ゴルフWです。

継続検査に合格し、注文していた部品が入荷したので交換作業開始!明日の納車に間に合うよう頑張ろうとしたとき・・・・

ドライブシャフトインナージョイントを交換するべくドライブシャフトをASSYで取り外し
  11.10.21 001.jpg
まさかアウタージョイントが届いているなんてことないよな?とドキドキしながら部品を開封、インナージョイントが入っていたので一安心(笑

早速組み付けようとブーツを差し込み、ベアリングを挿しこんでみると・・・
    11.10.20 009.jpg
スプライン径が違いブカブカ

違うドライブシャフト用の部品を頼んでしまったのか?とインナーハウジングを見比べてみると今までの物と同じサイズ

そこでベアリングをハウジングに差し込もうとすると
      11.10.20 008.jpg
大きすぎて入りません


つまりハウジングやブーツなどは合っているのですが、インナーのベアリングだけサイズ違い


慌てて部品商に確認してもらうと、最後の1個でもう国内に在庫がないとのことでした。


明日の納車ということもあり、ドライブシャフトASSYを同金額で手配するようお願いしましたが、こちらも国内在庫なし・・・・


お客様にご説明し、納車を延期させていただきました。


〇野様、大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。m(_ _)m

                
という、とてもガッカリなネタでした・・・ハァ〜 
posted by じんちゃん at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

やっと来た

輸入していた部品と修理書がやっと届きました。(アイシン6速A/T用ソレノイドリペアキットではありません・・・お待ちいただいている皆様、ご迷惑をお掛けしております。)
  11.10.20 003.jpg  

A/T不調でご入庫ニュービートル、突然エンジンチェックランプが点灯し
    11.10.20 006.jpg
3速固定になってしまう症状です。


その時のDTCは”ソレノイドバルブ不良”だったとのこと・・・


しかし、DTCがクリアされてからの入庫で再発することはありませんでした。


ソレノイドバルブの断線が一過性の物とは考えにくく、何時までもお預かりしている訳にもいかないので提案させていただいたのは、A/Tハーネス交換でした。
      11.10.06 001.jpg  11.10.06 002.jpg  
これはカプラーが劣化しソレノイド側に破片が残ってしまうことがあるので、接触不良を起こしている可能性があった為です。


ハーネスを交換し試運転を実施、症状が現れないので納車しようとした矢先、またエンジンチェックランプが点灯し3速固定となってしまいました。


やっとDTCが確認できるとスキャナーを接続してみると
        11.10.20 007.jpg                 
ソレノイドバルブ6の断線

純正部品ではバルブボディーASSYでの供給となる為、ソレノイドバルブ単体を海外手配しておいたので交換
          11.10.20 004.jpg  11.10.20 005.jpg
このソレノイドはEPCという油圧コントロールをしています。
                
    
これで試運転をして問題なければ納車させていただきます。






一方車検整備で入庫のゴルフXはドライブシャフトインナーブーツ切れ
            11.10.20 001.jpg   
ジョイントのガタが大きいので、インナージョイントを交換しますが入荷は明日・・・

明日には検査を受けないと週末納車に間に合わないので、一旦国産車用のブーツを取り付けて受検してきます。
              11.10.20 002.jpg
午後から一気に整備して、明日中に仕上げます。

                       
posted by じんちゃん at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

集中して

本日もバルブボディーO/Hに没頭しておりました。

  
石川県のM下様、リビルト品が完成しております。  
  11.10.02.jpg
7日のご入庫、お待ちしております。m(_ _)m


そのバルブボディーの向こうに見えるのは09GミッションASSY、とても高額なトルクコンバーターは壊れていますが、これをO/Hしてもらえば安価な修理も可能ですので、大切な”コア”です。


さらには09G用コントロールユニットとハーネスの中古品も在庫しております。
    11.10.02 002.jpg
ハード側の問題なのか、ソフト側の問題なのか最終判断に役立つ大切な”中古パーツ”です。 








話は変わって長野県のI井様、大変お待たせいたしておりますが、お取り寄せ部品がなんとか成田に到着したようです。
      11.10.02 001.jpg
サクサクと発注できたのですが、送料が足りないといったメールが届き、どんな対処がいいのか解らず困っていました。


でも便利な振込サイトがあり、メールや電話のやり取りなしで追加分を振りこむことができ一安心。


入荷しましたら、ご連絡いたしますので、ご入庫日の打ち合わせをお願いいたします。m(_ _)m       
posted by じんちゃん at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

在庫1

09G(アイシン6A/T)バルブボディーの、リビルト品に関するお問い合わせが重なりました。


どちらも業者様なので、バルブボディーを送れば先方様で交換作業していただける形となり、コアを返却していただくことになります。


プレッシャースイッチ付きのタイプであれば数個は確保できているのですが、たまたま今回は両方ともプレッシャースイッチなしのタイプ


一つしか在庫がないバルブボディーなので、同時に注文を頂いた場合はどちらかにお待ちいただくこととなります・・・・


でも大丈夫だろうと思っていたら、一方の業者様からご注文が入りました。


最初は「来週半ばまでに製作してお送りします。」と納期をご説明したのですが、もし週明けにもう一方の業者様から注文が入ったら・・・・と言う訳で急遽在庫品をO/Hすることにしました。
    11.09.24.jpg
3時頃から作業を始め、先程なんとか完成!


〇〇〇オート様、明日発送しておきます。m(_ _)m    
posted by じんちゃん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

時間を見つけて

先週納車させていただいた、神奈川県から御入庫のアウディーA3もバルブボディーとソレノイドバルブのO/H依頼でした。
  
ATFを何度も交換するのに、リフト上でESPを切って、6速まで変速させるためこのように警告灯が点灯してしまいます。
  11.08.31 015.jpg
AT内部洗浄のためなのですが、バルブボディーの取付ボルトをすべて緩めてATFを抜き取る為、一度に4〜4.5Lほど抜き取ることが可能です。

こうすることで純正の褐色ATFの黒い汚れがなくなり、新品の赤いATFの色に変るまで作業を繰り返して洗浄をしています。

その後、バルブボディーとソレノイドバルブをO/Hしますが、今回もセンターボディーのスプールバルブが抜けない状態でした。

ボディー側のバリを取り除き、スプールバルブを抜き取ってキズを確認して、動きが良くなるようスプールバルブとボディーのシリンダーをコンパウンドで擦り合わせました。

O/Hしたバルブボディーを組み付け、最後にATFを補充して油量を調整して完成。

その後、エンジン・A/T・メーター・ABSなど全ての故障コードをリセットし、A/Tの学習値を初期化して完成となります。
    11.08.31 016.jpg

また点検を促す”SERVICE!”の表示も、クリアしてお渡しすることを心がけております。
      11.09.03 001.jpg  11.09.03 002.jpg
A/T修理のお車の場合、サービスリセットは全て無料で行っております。


今週は石川県よりお問い合わせいただき、1日仕上げがご希望とのことですので、手持ちのバルブボディーとソレノイドバルブをO/Hして、リビルト品を作っておきます。


またソレノイドバルブO/Hが不可能だった昨年に、バルブボディーのみO/Hさせていただいた千葉県のお客様も、追加作業としてソレノイドバルブをO/Hさせていただくこととなりました。


こちらも手持ちのソレイドバルブをO/Hして、リビルト品を作っておきます。

遠方よりご入庫、まことにありがとうございます。m(_ _)m
posted by じんちゃん at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

早めの対処

エンジン始動不良で入庫の1J1・ゴルフWです。

バッテリーテストしてみると・・・
  11.08.31 005.jpg
数値的には悪くないのですが、セルの回転が遅いし息継ぎするような症状なので、バッテリー交換させていただきます。

そのためにはバックアップしておくことが重要
    11.08.31 019.jpg  11.08.31 020.jpg
ブースターパックの電源をOBDポートに接続しておけば安心です。

ボッシュのシルバーバッテリーに交換
      11.08.31 017.jpg
交換後はセルの回転も軽く、始動するまでの時間も短くなります。


バッテリー交換して完成!と思ったら、エアコン使用時にエンジンルームから異音が聞こえます。


お客様にご説明すると、そういえばそんなような気が・・・・とのこと、早めの対応であれば軽症で済むことをご説明し、コンプレッサー交換の承諾を得ました。

エアコンガスを回収し
        11.08.31 023.jpg

スロットルバルブとオルタネーターを外せばコンプレッサーを取り出すことが可能
          11.08.31 026.jpg
折角バックアップしてバッテリー交換したのに、オルタネーター脱着の為-バッテリー端子を外しました・・・・

コンプレッサーメーカーが違うのですが、適合とのこと
            11.08.31 024.jpg  11.08.31 025.jpg
形状をよく確認し、問題なく取り付けられることが分かり一安心。


既に異音が発生したので、レシーバータンクは同時交換します。
              11.08.31 027.jpg

真空引きからエアコンガスチャージして完成!
                11.08.31 028.jpg

直った♪                                                                      
posted by じんちゃん at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

両極端

エアコンが冷えなくなってしまったE46・318iのご入庫です。

    
アイドリング付近での冷え不良でしょうか?との問いに”そんな感じです”とのこと・・・


電動ファン不良を疑いアクティブテストを実施
  11.08.19 002.jpg  11.08.19 003.jpg
しかしファンは廻っています。


今度はエアコンサイクルをゲージマ二ホールドで点検
    11.08.23 001.jpg    
冷媒量は問題ないようですが


マグネットクラッチが締結しても
      11.08.23 002.jpg 
圧力に全く変化なし、コンプレッサー不良です。


純正定価は¥104000、そこで社外新品と中古品の見積もりを出して、社外新品で修理することとなり手配しました。





また一方で、R12のガスを使っている車のエアコン修理ができますか?と業者さんからのお問い合わせ、車種を聞いてみるとゴルフUとのことでしたので、お引き受けしました。
  
簡易診断では、冷え不良なのですが電動ファンは廻っているとのこと


コチラもゲージマニホールドでエアコンサイクルを点検してみると・・・
        11.08.23 003.jpg  11.08.23 004.jpg  
明らかに冷媒不足の状態です。


そこでエンジンルームと室内のガス漏れを点検してみますが問題なし


今回は補充でも十分冷えるようになりますと連絡すると、お客様が「少しでも漏れがあるならば直してほしい」と言われたとのこと・・・・


発見できるほどに漏れがあるのであれば修理も可能ですが、微妙な漏れでは修理が難しいことを伝えていただきました。
          11.08.23 005.jpg  11.08.23 006.jpg
御了承いただいたので貴重なR12フロンガスを1本補充で、ここまで圧力が上昇

吹き出し口温度を測定してみると・・・
            11.08.23 007.jpg
4℃と十分すぎるほど冷えています。

また圧力が均等に戻った状態ではこんな感じ
              11.08.23 008.jpg
外気温度が27度と涼しい日だったので、冷媒量も問題なし


あとはE46のコンプレッサーが到着するのを待っていると、違う車が見つかったので修理はしないで部品積み込みでお願いしますとのご連絡が・・・


残念ですが、お乗換え決定となってしまいました。


両極端に見えますが、ゴルフUはワンオーナーのCOXコンプリート車走行50000km


拘り方の違いでしょう。


                                                   
                                
               
posted by じんちゃん at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

何の前触れもなく

突然エンジンが掛からなくなってしまった1C1・ニュービートルが御入庫です。


初爆があるのですがすぐに止まってしまう状態、こんな症状・・・・・数年前に経験してます。


エンジンコントロールユニットのDTCは・・・・
  11.08.19 018.jpg  11.08.19 019.jpg
イモビライザーによる始動ロックと、エンジン回転センサ


クランクセンサーの不具合のようにも思えますが、DTCを一旦リセットしもう一度点検してみると
    11.08.19 020.jpg
やはりイモビライザーがキーを認識してないようです。

そこでイモビライザーのマッチングを実施
      11.08.19 005.jpg  
数年前、このマッチングで苦労したことは忘れません。

でも今回は一発で成功させてみます。
        11.08.19 006.jpg
Failedなんて表示されていますが、これでキーを認識してくれるはず・・・


ドキドキしながらクランキングしてみると
          11.08.19 007.jpg
無事にエンジン始動!キーを認識出来たようです。


直った♪                        
    
posted by じんちゃん at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

バッテリー警告灯

走行中、バッテリーの警告灯が点灯した1J1・ゴルフWの入庫です。

すぐに乗ってきていただき、工場でエンジンを止めたところ再始動不可・・・

ブースターパックでエンジン始動し、チャージ電圧を測定してみると9Vと全くチャージしていませんでした。

新品オルタネターの値段は¥94000、リビルトでも半額程で直る場合もあることをお伝えしました。

新品での修理代が10万円を超えると分かってとても驚いた様子でしたが、悪い部分だけ直す方法もありますと説明すると、”じゃあそれで”と御尤もな回答が返ってきました。


そこでオルタネーターを外して分解し各部点検・・・・
  11.08.03 001.jpg
コイルやローターに問題はなく原因はレギュレーター、品番も変更されていました。


レギュレーターを交換しオルタネーターを車両に取り付け、折角外したスロットルバルブも洗浄して組み付けました。
    11.08.03 002.jpg

バッテリーは充電済みなのでエンジン始動、チャージ電圧をもう一度測定
      11.08.03 003.jpg
14.13Vとアイドリング状態でも絶好調!


¥9100の部品を交換して直った♪
posted by じんちゃん at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

やっと見つかる

遠く三重県から御入庫の1T1・トゥーラン、残念なことにトルクコンバーター不良のため走行不能状態でした。

そこでトルクコンバータ���の値段を調べてみると、バルブボディーを遥かに凌ぐ高額さにビックリ!!中古A/Tに載せ換えることとなりました。


それからアイシンAWの中古6A/Tを探すこと早2ヶ月半・・・・


ヤフオクを含め、全国の解体屋さんネットワークを駆使しますがなかなか見つかりませんでした。


藁にもすがる思いで、先月から始まったトヨタオークションのリサイクルパーツを検索してみると、アウディーA3の物ですが、なんとか見つけることができました。


そして本日、無事にミッション交換完了
  11.07.14 001.jpg  11.07.14 002.jpg


バッテリーを外しての作業なので警告灯が沢山点いたままエンジン始動
    11.07.14 003.jpg
A/Tの型式が違うのでドキドキしながら試運転しましたが、全く問題ありませんでした。


しかし、4月にお預かりしたときエアコンが効かないなぁと思っていたことを思い出し
      11.07.14 004.jpg
試運転から戻ってゲージマニホールドを繋げてみるとこんな状態



取敢えずガス漏れを探って、見積もりいたします。


屋根下保管しておきましたが、埃だらけ・・・・スチームで洗い流し、3ヵ月ぶりに走行しました。
        11.07.14 005.jpg
ST様、変速ショックは殆ど感じませんが、予防の意味も含めバルブボディーはどうしましょう?
posted by じんちゃん at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

判断責任

パワーウインド不動とエアコン不調で入庫の1E1・ゴルフカブリオレの続きです。

http://blog.jinguji.com/article/214345663.html

エアコンの効きが悪いそうですが、冷媒量を点検してみると・・・
  11.07.02 005.jpg
少なすぎるということもなく、そこそこは冷えるであろうレベル


そこでエアコン使用時のサイクル圧力を点検してみると
    11.07.04 002.jpg
低圧側に問題はありませんが、高圧が異常に低い状態で全く冷えません。


念のためエンジンルームのガス漏れ点検を済ませ
      11.07.04 001.jpg            
エバポレーターのガス漏れもチェック、コチラも問題ありんせんでした。


こうなると、ゲージマニホールドの針の動きだけで不具合箇所を判断しなければなりません。


間違えた・・・・なんてことにならないように慎重に診断すること数十分
        11.07.04 004.jpg
出した答えはコンプレッサーの圧縮不良、日本製のコンプレッサーでリビルト品を手配しました。


コンプレッサーを交換し、真空引きをして放置すること1時間
          11.07.04 005.jpg
漏れがないことを確認しガスを補充していきます。


しかし補充していく途中、一向に高圧側が上がっていかないので不安になり、エキスパンションバルブだったのか??なんてことを考えながら補充を続けていきます。


規定量のガスを補充すると、高圧側も17kgに上がり冷え具合はバッチリ(なぜか画像は取り忘れ)


その後、エアコンサイクルが落ち着いてからサイクル内の冷媒量を点検
            11.07.04 006.jpg
やはり最初の状態より1kg程多いだけ・・・最初の判断も間違っていなかったので一安心(笑






リビルト品なので、お安く直った♪                 
posted by じんちゃん at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

決めつけない

パワーウインド不動とエアコン修理で入庫の1E1・ゴルフカブリオレです。

パワーウインドは最上部で止まったまま、全く動かないとのこと・・・・


「ではモーターの不具合の可能性が高いです。」なんて、見てもないのに不具合箇所を指摘してしまいました。








でも正解はコチラ
  11.07.11 001.jpg  
たまたま最上部でウインドレギュレーターが破損し、モーターが回転しないだけでした。


モーターだったら直してみようかとチャレンジするのですが、不具合箇所の当てが外れたことと、ウインドレギュレーターが高額なので二度ガッカリ・・・・



カブリオレなので、キチンと調整しないとこんな風になっちゃいますよ
    11.07.11 002.jpg    
posted by じんちゃん at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

そういえば・・・・

あれは直っているのかシリーズ3

時々エンジン始動不良と、メーター内の時計がリセットされてしまう1T1・ゴルフトゥーラン


特別関係するような、低電圧などのDTCは見られず、負荷時のバッテリー電圧も低すぎるとまではいきませんでした。
  11.07.05 003.jpg    

しかしクランキングを何度もしていると、時々回転が重いような症状も確かにありましたが、セルが廻りつかないということは一度もなく・・・
    11.07.05 001.jpg    
それでも時計がリセットされる症状は現れました。

そこで、これからの季節はエアコンを使うのでバッテリーに負担が掛かることをお伝えし、バッテリー交換をオススメし実施
      11.07.05 002.jpg      

あれから一週間、何も言わないということは直ったのか・・・?
posted by じんちゃん at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

土曜日に

2台まとめて静岡からご入庫いただきました、変速ショック修理の1K1・ゴルフXです。

1台は珍しい?ミッションコードがHFTの車両、コチラは最後にAが付く品番のバルブボディーが搭載されています。



実はこのバルブボディー、在庫していました。

http://blog.jinguji.com/article/192726778.html

高額部品の在庫なんて凄い修理工場のようですが、単なる海外発注ミス



ということでバルブボディーO/Hのご依頼でしたが、在庫品処分の格安にてご提供
  11.07.04.jpg    
なんとか部品代を回収することができ一安心です。(笑



もう一台のミッションコードはGJZ、よくあるAが付かないバルブボディーなので、たまたま作っておいたO/H済みのリビルト品に交換させていただきました。
    11.07.04 013.jpg
違いはプレッシャースイッチの有無、プレッシャースイッチが2つ付いているのが”Aなし”、付いていないのが”A付き”となります。


今回は運良く両方とも在庫していたので、すぐに対応できました。




3日で2台、直った♪
posted by じんちゃん at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

重なる

6月の1週目は1T1(トゥ���ラン)Weekだったのですが・・・
 
http://blog.jinguji.com/article/209780019.html

先週からは1K1(ゴルフ)Weekです。
  11.07.03.jpg

そしてエアコンWeekであり、電動ファンWeekでもあります。



取敢えず、シルバー2台のA/Tは直りました♪  
posted by じんちゃん at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

スペシャルブッシュ

変速ショックとシフト抜けで入庫のトゥアレグの続きです。

ソレノイドの洗浄ではすぐに結果が出るものと、学習しながらキレイになったATFにより洗浄されていくことで、改善していくものとの個体差が大きいです。

そこでソレイドバルブをO/Hします。
  11.06.25 005.jpg

SSTを使いソレノイドケースを分解し
    11.06.25 006.jpg  11.06.25 007.jpg

内部をしっかりと洗浄します。
      11.06.25 001.jpg            
 
そしてブッシュを、対策品のスペシャルブッシュに交換
        11.06.25 002.jpg  11.06.25 003.jpg

最後に付属のケースに収めてSSTでカシメれば完成!
          11.06.25 004.jpg

でもソレノイドバルブは全部で6ヶ
            11.06.25 008.jpg
全てのブッシュとケースを交換しました。            



このリビルトソレノイドバルブをバルブボディーに組み付け試運転開始 



気になる結果は・・・・全開でもギア抜けすることなく、変速ショックもありません。



アイシンAWの6速A/Tはゴルフやトゥーラン、アウディーA3やTTクーペだけではありません。



トゥアレグやカイエン、アウディーQ7のA/Tも変速ショック(シフトショック)・タイムラグ・ギア抜けなど、温感時に発生する不具合の修理はお任せください。






直った♪                         
posted by じんちゃん at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

アイシン6速ATはFFだけじゃない

変速ショックと、ギア抜け症状で入庫の7LA・トゥアレグ(ポルシェ・カイエン、アウディーQ7も同じAT)です。

3〜4速に変速時、スロットルの開け具合によっては4速に入らずニュートラルのようになってしまい、そのまま数秒後に大きな変速ショックがおきて3速に戻ってしまうというものでした。

この症状は、スロットル開度が約50%以上で顕著に起こり、それより少ない開度では問題なく変速できました。


そこでバルブボディーのO/Hを実施
  11.06.16 001.jpg
定番のATFを3回交換して、A/T内部を洗浄してからの作業となります。


アイシンAWの6速ATとはいえ、FFのミッションとは全く形状が違います。
    11.06.16 003.jpg    
でも使っている部品は同じものばかり、油圧の回路が違うだけのように感じます。


内部のスラッジは相当なもの、全てのスプールバルブとスプリングを点検〜洗浄
      11.06.16 004.jpg
ここでO/Hしておけば、これからの延命措置にもつながります。


そしてソレノイドバルブの抵抗値測定と単体機能点検・洗浄をしていきます。
        11.06.16 009.jpg

こうしてバルブボディーのO/Hが完了
          11.06.16 002.jpg
車両に組み付け、ATF補充〜油量調整をして試運転します。





気になる結果は、スロットル開度80%程でも症状が現れませんが、全開付近での症状改善が見られませんでした。



でも大丈夫、続きはまた・・・・       
posted by じんちゃん at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

痒い所に手が届く

ゴルフXやトゥーラン・アウディーA3やTTクーペの6速オートマチックの変速ショック修理で、最後の砦となっていたソレノイドバルブ。これは単体での入手が不可能でした。


しかし、ついにアイシン製A/Tソレノイドバルブのリペアキットを入手することができました。


症状の大小により、バルブボディー交換か?O/Hか?と毎回悩めるところでしたが、酷い症状のお車の場合は交換をオススメしてきました。


また今までにO/Hしてきたお車のうち、症状が改善されてもまだ変速ショックが残っている時には、各ソレノイドバルブの反対側に付いているリターンスプリングのプレロード調整をしなければならない物がありました。
  11.06.16 010.jpg
この調整はオイルパンを外して調整〜実走テスト、またオイルパンを外して調整〜実走テストを繰り返さなければなりませんでしたが、その必要もなくなります。



そして今回、バルブボディーのO/Hと同時に、そのソレイドバルブを使って1T1.ゴルフトゥーラン
の修理が完了しました。
    11.06.16 006.jpg

入庫時のA/TコントロールユニットのDTCはP0730 変速比不良。

その症状は、2〜3速アップシフト時の変速ショックと、5〜4速・4〜3速・3〜2速のダウンシフト時の変速ショックと、とても酷い状態でしたがお客様の選択はO/H・・・


そこで納期ギリギリでしたが何とか部品を間に合わせ、通常のO/H+リビルトソレノイドバルブで修理した結果、調整などの必要もなく症状は改善されました。


今まではO/H後にお乗りいただき、学習するうちに改善していくお車が多い中、O/H直後から違和感もなくお使いいただけます♪
posted by じんちゃん at 19:34| Comment(6) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

車検整備と水漏れ

車検整備でご入庫の1T1・ゴルフトゥーランです。




御用命事項は冷却水漏れ、その原因を調べてみると・・・
  11.06.07 007.jpg  11.06.07 006.jpg
オイル漏れが多発?している、オイルエレメントブロックからでした。


各コントロールユニットのDTCはなし、また消耗品の状態を点検


リアブレーキはパット、ローターともに交換時期
    11.06.04 029.jpg  11.06.04 028.jpg
摩耗粉の出にくい”ディクセル”のロ���ター・パットに交換


白金プラグの交換サイクルは10万kmですが、プラグの摩耗状態も気になっているとのことで点検
      11.06.04 006.jpg
暫くの間、ノーメンテでいられるよう交換させていただきました。


そしてメインのオイルエレメントブロック交換
        11.06.04 007.jpg
インマニを脱着しての作業となるのでこんな感じ、劣化が予想されるデップスティックゲージガイドとブローバイホースも同時交換させていただきます。

          
じつはここで重大なミスを・・・
          11.06.04 008.jpg
なんとHEXの頭を折ってしまいました。


オイルクーラーのボルトが奥まった場所なので、ロングのボールポイントのHEXで作業していましたが
            11.06.04 010.jpg  11.06.04 009.jpg
そのボールポイントの”クビレ”の部分から先が折れて、ボルトに残ってしまいました。


オイルクーラーを外すために選んだ答えは、エレメントブロックを破損しての取り外し
              11.06.04 011.jpg
なんとか外すことができましたが、半日以上の時間を費やしてしまいました。


コレを組み付け、エンジンオイルとクーラントを補充し試運転
                11.06.04 018.jpg
時間を掛けて試運転をし最終確認、問題ないのでアンダーカバーを取り付けます。


                        
最後にメーターのサービスインジケーターをリセットして完成!
                  11.06.04 022.jpg
これで安心してお使いいただけます。



遠方よりご入庫、まことにありがとうございました。m(_ _)m                                              
posted by じんちゃん at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。